街路樹に貼られた物件広告~キューバの家はいくらする?

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

プラド通り(Prado)の物件広告。Se permuta(交換)とVende(売却)両方の文字が見えます


売ります(Vendo)。ボール紙に書きなぐったような筆跡でしたためられた「物件広告」が木に貼り付けられています。

ここはハバナの中心地にあるプラド通り(Paseo del Prado)。夕暮れどきになると、家族や友だち、恋人たちが集まってきてベンチでくつろぎ、子どもたちはローラースケートで遊んでいる、大きな憩いの広場のようなスペースです。

大きな街路樹を掲示板のように活用していますが、なかにはボール紙の色が木になじみすぎて目立たないものも。


保護色で文字がわかりにくい、「売ります」広告

値段がいくらかわからない

物件広告は「新市街、2階、バルコニー付」といったおおまかな概要のみで、どれにも値段が書かれていません。

地元の人に「なぜ価格を表示しないのか」と聞いてみたら、「税金対策で、販売額を知られたくないのではないか」という声もあれば、「売る側、買う側両者の交渉でこれから決めるのでは」という説明もありました。不動産売却の税金は4パーセントということで、べらぼうな割合でもなさそう。

相場を知りたくて、インターネットでキューバの不動産売買価格を調べたら、ハバナの集合住宅(アパート)や一戸建など、数百万円から数千万円の価格が表示されていました。内装のメンテナンスや、広さなどが様々なので価格に開きがあります。

かつての豪邸に家賃ゼロで暮らす

キューバで不動産売買ができるようになったのは、2011年からと、比較的、最近の出来事です。1959年のキューバ革命後、家々は政府の所有になりましたが、市民はわずかな家賃を政府に払い終えてから、自分のものにすることができました。今は多くの人が家賃ゼロで暮らしています。

キューバの家は革命前に豪邸だった美しい建物も多く、街を走るクラシックカー同様、「プライスレス」な値打ちを見出す外国人旅行客も多いでしょう。それなのに「いい条件で売りたい」という気合いがみじんも感じられない、街角のシンプルすぎる物件広告に、少々拍子抜けしてしまいました。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です