早くてうまくて安い、キューバのカフェでの衝撃とは

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

早い、安い、うまい! キューバでこんな願いをかなえてくれるカフェに出あいました。

中心地に近いプラド通りにあるカフェ、"Momentoz”。午後3時をまわるころ、小腹がすいて、Sandwich Momentoz(この店のスペシャルサンドイッチ)とミルクコーヒーを注文しました。

メモを片手に、笑顔で注文を取るウェイトレスさん。4つのテーブルはすぐ客でいっぱいになるので、動きも素早い。ゆったりした時間の流れを感じるレストランが多いキューバで、「ファスト・フード」並みのはやさでサンドイッチが運ばれてきました。

Cafe Momentozの皆さん。右端はオーナーのジャスマニさん

噛みごたえのあるパンに、ハム、チーズ、そして燻製の豚肉をはさんだサンドイッチをあっという間に平らげてしまい、撮影はうっかり失念しました。

これぞキューバン・サンドと舌鼓を打ちましたが、聞く人によって「キューバン・サンド」の定義が異なり、混乱してきます。野菜をはさむ、はさまない、ハムだけ、チーズだけ、ハムとチーズ両方、とかなんとか。

そもそもフロリダ発祥といわれている「キューバン・サンドイッチ」。パンもカリカリに焼く場合もあれば、焼かない場合の食感もさまざまです。

何をもって正統なキューバン・サンドなのかを掘り起こすのは、「味噌汁の具は何が本物ですか?」と聞くような愚問なのでしょうか。

$マークはCUC(1CUCは約110円) エスプレッソコーヒーは約80円

国産ビールはいずこに

オーナーのジャスマニさん(32)が店に現れたので、思わず呼び止めてお礼を言ったら、開店してもうすぐ1ヶ月(2019年6月時点)とのことでした。

キッチンで記念撮影をさせてもらい、ふと見上げると、ずらりと並んだ飲み物の缶のなかに、国産ビールのクリスタルやブカネロがない。この日提供できるビールは輸入品のみ、とのことでした。

キューバのレストランは近年、自営業の店が増えたことで、競争も激しくなっているのか、より美味しく、サービスよく、値段も抑えられている印象があります。

しかし、何よりの衝撃はこの日の国産ビールのように、突如品薄になる食材や飲み物があると、注文ができなくなること、だったのを思い出したのでした。

Momentoz Café
住所:Prado #360 e/Neptuno y Virtudes
電話:786457
営業時間:午前7時~午後9時

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です