メンバー

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

キューバ倶楽部編集部メンバーの紹介ページです。

 

斉藤真紀子

 

編集長&ライター 斉藤真紀子

2000年初めてキューバを訪れる。街並み、音楽、人びとに魅せられ、以来「心のふるさと」に。08,11年に取材を重ね、朝日新聞出版「AERA」で12年「キューバ人はなぜ幸せか」(1/16号)、「医療大国担うキューバの女医」(4/23号)を執筆。15年に訪れた「キューバの今」を伝えるべく、「キューバ倶楽部」を立ち上げる

 

【メッセージ】

頼まれてもいないのに、まるで伝道師のごとく、会う人、会うたび「キューバに行ってみて!」と力説してきました。

「タイムトリップしたかのような昔のままの街並みとクラシックカーは哀愁が漂っているけれど、愛嬌たっぷりの人々と陽気な音楽がコントラストのように際立っていて、美しい海に囲まれた、かの地の空気に包まれると、心をそのまま洗濯されて、「なつかしい自分」と出会えるかもよ」

と、ついつい、熱く語ってしまうのですが、聞く側はおそらく、アタマの中にハテナがたくさん浮かんでいることと思います。ところが最近、逆に「キューバって何やねん?」と聞かれることが増えてきました。

それにしても、ちまたにあふれるキューバのイメージは偏っています。「極悪人に牛耳られた貧民街」(多くのアメリカ人)とか、「治安悪そう」「どこにあるんだっけ?」(多くの日本人)というふうに。

それならば、「キューバって何?」をひもとき、発信したいと考えたのが「キューバ倶楽部」を立ち上げたきっかけです。アメリカとの国交回復できっとこれから急速に変わりつつあるキューバ。だからこそ今、その魅力を伝えられればと思います。

 

 

榎本晋作

 

マガジン・ディレクター兼テクニカルデベロッパー 榎本晋作

 

【プロフィール】

ウェブマガジン制作をメインとする株式会社イーグッド代表。留学エージェントの立ち上げや海外旅行サイトのマーケティングなど、これまで数多くのWebでの情報発信を担当してきたWebマーケター。

自身のブログは日本ブログ村アクセス(PV)ランキングで78週連続1位(2015年8月現在継続中)。自著『イギリスワーホリ留学ガイドブック』はAmazon海外留学対策部門で1位を獲得。現在は、ウェブマガジン「留学Person」のマガジンディレクターを務める。

キューバ倶楽部では、広報プランナー、開発リーダーとして活動。

【本プロジェクトに参加した理由】

ロンドンで出会ったブラジル人やチリ人の影響で「中南米への憧れ」を抱き、また自身も2軍の試合を観に行くほどの野球好きという事でキューバを興味を持ち始める。(千葉ロッテのデスパイネ、シンシナティ・レッズのチャップマンのファン)2016年にキューバ渡航予定。

「なんとなくキューバに行ってみたいなぁ」と思っていた所、2015年の夏に、編集長の斎藤真紀子から『キューバ倶楽部』プロジェクトの提案を持ちかけられ、運命を感じ「僕がウェブマガジン開発やります!」と直訴、プロジェクトのスタートが決まる。

 

【読者へのメッセージ】

「キューバって何やねん!?」と私自身、常々思っているのですが、このマガジンでは「キューバってこんな感じなんだ〜。」と少しでも興味を持ってもらえるような記事をお届けしたいと思っています。

私のように「キューバに少し興味を持っている」という人が実際に足を運んでくれるきっかけになれるようにがんばります!

 

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です