番外編・メキシコ①伝説のカフェ~チェとフィデルが語り合った場所

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

日本からキューバへ、メキシコ経由で旅する人も多いのではないでしょうか。そこで、番外編として、メキシコシティでの「キューバゆかりの場所」を紹介します。

第一回は伝説のカフェ、「Café La Habana」です。

なんと、チェ・ゲバラとフィデル・カストロが、ここで毎週のようにコーヒーを飲みながら、キューバ革命を計画したという、有名なカフェ。1952年に創業した当時の、そのままの雰囲気を残しています。


入り口付近にチェ・ゲバラとフィデル・カストロの写真が!

 

くすんだピンク色の壁には、昔を思わせる店内や、キューバの街並みなど、モノクロ写真が大きく飾られています。注文を取りにきた年配のウェイターさんに「ゲバラもカストロもここに来たのですね?」と、一応聞いてみると、「もちろん!」というようにして、大きくうなずいていました。

チェやフィデルが、ここに来てキューバの将来について語っていたのかと思うと、「ハバナ・フラッペ」で喉をうるおしながらも、テンションが上がってきます。

店内の写真を撮っていたら、若いウェイターさんがにこにこしながら、「この写真は一番左がフィデル・カストロで、その隣が(キューバ革命政府初代大統領の)オスバルド・ドルティコス・トラド、その隣がチェ・ゲバラ…」というふうに、順番に5人の名前を挙げて、説明してくれました。

 


このカフェは、チェやフィデルが来ていたことでも知られていますが、『百年の孤独』を著したコロンビアの作家、ガブリエル・ガルシア=マルケスなどの文豪たちや、新聞記者らもよく利用していたそうです。

この日は週末の午後でしたが、社会や政治の変革について話し合っている、という感じの客はあまりおらず、食事を楽しむ家族連れでにぎわっていました。

1950年代の空気が流れる、伝説のカフェは、メキシコシティの中心部、歴史地区にあります。トランジットの待ち時間でも、機会があればぜひ!

Café La Habana (カフェ・ラ・ハバナ)
住所:Calle Morelos 62, Juárez, 06600 Cuauhtémoc, CDMX, Mexico
電話:+52 55 5535 2620

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です