日本人は踊るの?~キューバから来た観光客の印象

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

訪日外国人は年々増えていますが、まだ珍しいのがキューバからの観光客です。初めての日本、印象はどう映るのでしょうか。

「どこから来たの?」と気さくに話しかけてくれたキューバの高校生(サンタ・クララで筆者撮影)

昨年11月、関東と関西を旅行していた20~30代のキューバ人男女3人のグループに、初めて日本を訪ねた印象を聞いてみました。うち2人は日本のアニメが大好きで、日本に来るのが長年の夢。もうひとりは世界各地に家族がいて、欧州をまわった後、来日しました。

大阪はキューバ?

「キューバから来た? キューバといえば野球!ゲバラ!カストロでしょ!」
 
道すがら、あるいは電車の中でもいろいろな人に話しかけられ、キューバで連想することをあれこれ伝えてくるので面白かったのが大阪だそうです。

まるでキューバのよう。私も現地で「日本から来た」というと返ってくる、人懐っこい反応がまさに同じだったことを思い出しました。

東京では話しかけられることが少ないうえ、「キューバ? どこ?」というような静かな反応が多かったそうです。

クラブで誰も踊らないイメージ

日本のことをあまり知らなかった20代男性からは「日本人はバーに行ったりクラブで踊ったりするのか」と聞かれました。

真面目に仕事をして、駅のプラットフォームなどで列にきちっと並んだりする様子から、日本人が楽しんでいる様子が想像できないようでした。

「バーもクラブも、もちろんある」と答えると、「クラブでは誰も踊らず静かに酒を飲んでいるのでは」というので、「サルサクラブだって、東京は(おそらく)世界のどこより多いし、すごく盛り上がっているよ」と強調しておきましたが、そのキューバ人男性は、にわかに信じがたいといった表情でした。

オンとオフの概念、キューバと日本ではどう違うのかしらん。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です