キューバでナンパ修行も!?~津川雅彦さんの役者魂

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

2017年5月キューバ倶楽部での「キューバの恋人」上映会&トーク

2017年5月キューバ倶楽部での「キューバの恋人」上映会&トーク

8月、俳優、津川雅彦さんが78歳で世を去ったというニュースが、衝撃とともに伝えられました。ベテラン俳優、円熟味のある存在感、などのイメージが強い、津川さんですが、1969年の映画、「キューバの恋人」では、キューバ人女性に恋をして、果敢にアタックする、みずみずしい青年アキラを演じ、それもまた、なかなかのハマり役でした。

津川さん演じるアキラは、70年前後、実際に数多くキューバに渡っていた、日本人の漁業指導員がモデルになっています。キューバ倶楽部で、わかりやすい解説をしてくださる、トラベルボデギータの清野史郎さんも、ご家族が漁業関係のお仕事に携わっていたため、子どものころキューバに住んでいらっしゃいました。

アキラはすてきな女性を目にするや、駆け寄っていって、ほめ言葉を投げ、ナンパします。振られてもへこたれない。あきらめない。スペイン語も滑らか。ノンポリ青年だけれど、好きになった女性の心を理解しようと、チェ・ゲバラの本を開いたりもする。

現地で覚えたスペイン語

キューバ人男性に比べると奥ゆかしいイメージのある、日本人らしからぬ、アキラ。私もキューバに行ったとき、男性が道行く女性をほめたり、声をかけたりするのに驚いて、「あの勇気はどこから出てくるのか?」と、現地で通訳をしていた年配のキューバ人男性に聞いたことがあるのですが、「声をかければ少しでもチャンスがある。声をかけなければ100パーセントチャンスはない。だから、声をかけないのは”リスク”なのだ」と「名言」をいただいたのを思い出しました。

恋する女性のためなら、不屈の精神で立ち向かう。そんなアキラを自然に演じていらした、当時20代後半の津川雅彦さん。2011年、「ラテン・ビート映画祭」で「キューバの恋人」の上映のとき、登壇されて、ロケの様子について語っていらしたのが印象的でした。

ナンパはまず、気に入った人を「目で追う」のが秘訣であることを教わって、”修行”したこと。スペイン語はもともと、できなかったけれど、現地の人と話したり、女性に先生になってもらったりして覚えたこと。2か月間におよぶキューバでのロケで、津川さんがとことんアキラという人物に寄り添ったからこそ、あのような自然なコミュニケーション力を身に着けることができたのでしょう。

ドキュメンタリーとしての価値

映画「キューバの恋人」は、昨年5月、キューバ倶楽部で、キューバの映画に詳しい寺島佐知子さん、清野史郎さんをゲストに迎え、上映会をおこないました。津川さん演じるアキラが恋人を追ってキューバを旅する、ロードムービーでもあるこの映画からは、革命から10年ほど経った当時の空気がそのまま伝わってきます。「この映画にはドキュメンタリーのような価値がある」と寺島さん、清野さんともお話されていらっしゃいました。

映画「キューバの恋人」は9月2日(日)~9月8日(土)まで、ラピュタ阿佐ヶ谷で上映中です。いきいきとキューバを歩き、当時の社会や時代を知るための案内役も果たした、魅力あふれる津川さんに映画館のスクリーンでお会いすることができます。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です