【イベント報告】ブエナ・ビスタと昨今の映画音楽♬

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

37868691_1613761298750578_2114243495936917504_n
7月26日、キューバ倶楽部プレミアム「映画ブエナ・ビスタと昨今のキューバ音楽」が、下北沢ボデギータにて開かれました。

ゲストに高橋政資さん、清野史郎さんをお迎えし、7月20日より公開された、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」の音楽をより楽しみ、そして、多様なキューバ音楽の魅力を知るためのトークイベントは大盛況となりました!

第一部は映画ブエナ・ビスタでカバーされているソンの名曲の数々を、オリジナル版で聴き、また昔の映像で楽しみました。高橋さんには、ソンの成り立ちや、どうサルサなどの音楽に影響を与えたか、説明をいただきました。

ヨーロッパ系(白人)とアフリカ系(黒人)の音楽がどのように影響を与えて、融合したか。キューバ独特の社会背景も、清野史郎さんにご解説いただき、興味深い内容でした。

37800388_1613761475417227_3254112255628804096_n (1)

第二部では高橋さんおすすめのさまざまなジャンルの音楽は、ボーカル、リズム、かけあいなど、キューバ音楽らしさを堪能できるセレクションでした。ソン、あるいは伝統的なキューバ音楽のルーツをひく経緯や、キューバのミュージシャンたちの演奏がなぜレベルが高いのか、といった歴史、社会の事情も知ることができました。

「楽しい」「センチメンタル」など、漠然ととらえていた音楽も、源流をひもといたり、時代背景やミュージシャンについて理解が深まると、さらに味わい深さが変わってきますね。

キューバの音楽にほれ込み、現地に足を運び、演奏活動をしたり、レコードレーベルも立ち上げたりと、深くかかわっていらした、高橋さんならではの音楽のセレクションとお話でした。

今回は映画ブエナ・ビスタにからめた音楽企画でしたが、また違う角度から、ぜひ続きを!というリクエストもいただきましたので、また今後につなげたいと思います。ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお寄せください。

◇8月13日発売予定の「ギター・マガジン」に高橋政資さんのインタビューが掲載されます。
https://www.rittor-music.co.jp/

◇高橋さんが執筆されているラテン音楽ウェブマガジン「el Pop」のサイト
http://elpop.jp/

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です