1/21 イベント 新春アンコール写真展「ニテヒナル Cuba☆Russia」オープニングトーク

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

47026752_2033287256718007_1429236400233906176_n

2019年1月21日(月)、東京・代々木のcafe nook にて、第23回キューバ倶楽部プレミアム(キューバをより深く知る勉強会)が開かれます。

今回は、写真家YAJ さんこと、矢島徹至さんのアンコール写真展、「ニテヒナル Cuba☆Russia」のオープニングイベントとして、2つの国の「似て非なる」関係を、写真と歌で味わいます。

ロシアとキューバ。いま、ソビエト連邦時代に友好国だったころを懐かしむ動きが両国で広がり、また、政治的にも再び距離が近づいています。

ロシアでの駐在やキューバへの旅で、2国の「似て非なる情景」を撮り収めた写真家YAJさんによるギャラリートーク。そして、ロシアとキューバの歌を鑑賞しながら、「アートと愛なしには生きられない!」というテーマで解説をします。

歌はソプラノ歌手、岩崎芳佳さん、そして解説は清野史郎さんです。

ロシアの歌は、世界で初めて有人宇宙飛行に成功した、宇宙飛行士ガガーリンが自分を励ますために歌っていたという、祖国愛をテーマにした「祖国は聞いている」(ショスタコーヴィッチ作曲)など。

キューバの歌は「Noche Cubana」(キューバの夜)など、キューバの情景や、燃え盛る情熱などが浮かび上がる作品について話します。

アートと愛。あなたは、なしでも生きられますか? それとも人生には欠かせないものですか?

写真展は YAJ(矢島徹至)さんによるキューバ/ロシア アンコール写真展「ニテヒナル Куба ・Rusia」。1月21日(月)~2月2日(土)に代々木のcafe nook にて開催。

去る2018年11月につくば市で開催された、”Small Earth in Tsukuba” 小さな地球」という国際交流イベントの一環で展示された作品の巡回展となります。

引きこまれる写真と、心を動かされる音楽と、楽しいトークで味わう、特別な夕べをお楽しみください♪

◇日時:2019年1月21日(月)19時30分~21時30分(19時開場)

◇プログラム
19:00 開場
19:30 写真家YAJ さんのギャラリートーク
「アンコール写真展に寄せて」
20:00~21:30 「アートと愛なしには生きられない」
ロシアとキューバ、ニテヒナル風景
岩崎芳佳さんの歌とともに味わう、ロシアとキューバの歌にこめられた想い
解説:トラベルボデギータ、清野史郎さん
司会:キューバ倶楽部・斉藤真紀子

◇場所:cafe nook(代々木)
https://www.facebook.com/yoyogi.cafenook/

◇参加費:2,500yen(ドリンク代含む)
※写真展期間中は特別ドリンク、ロシアン・モヒート(ベリー風味)が別料金でお楽しみいただけます。お食事も可能です。

◇ゲストスピーカー (ご登壇順)
☆YAJ さん(矢島徹至さん)写真家
https://yajimatetsushi.wixsite.com/photography
1965 年生、奈良育ち。会社員。ロシア駐在中、写真家集団「МФК PHOTOS」(https://mfk-photos.com/) に加入。
それを機に作品としての写真を撮り始める。帰国後に訪れたキューバで撮った作品が「SONY RX moment Instagram Photo Contest」で「特別賞」を受賞。
精力的に撮影活動を行うほか、演奏会やライブとのコラボ写真展を企画。音とビジュアルの融合もひとつのテーマとして活動している。「被写体と私、その間にカメラがある。常に三位一体の関係です」

☆岩崎芳佳(いわさき・よしか)さん 歌手
洗足学園音楽大学付属高等学校音楽科を経て同音楽大学声楽専攻卒業。渡仏し、声楽や歌曲演奏法を学ぶ。スペイン歌曲、ロシア歌曲の指導も受ける。
現在、独、仏、西、伊、露、英ほか各国の言語による多彩な歌曲レパートリーで国内外で演奏活動のほか、スペイン・ルネッサンスビウエラ歌曲などの古楽や、近年ではキューバ、メキシコのボレロやカンシオンなど、19世紀〜20世紀に作られた新大陸のクラシック〜劇場用音楽のレパートリーでのライヴ活動を行う。
2015年キューバ国立劇場に出演、ボレロ、フィーリン、サルスエラのロマンサなどを演奏。声楽に加え、ロシア・マールイ劇場の主任演出家ウラジーミル・ベイリス氏のマスタークラス、ほかキューバ演劇のワークショップなどに参加、演劇の分野においても研鑽を積む

☆解説、清野史郎(せいのしろう)さん トラベルボデギータ代表
トラベルボデギータ代表。子ども時代をハバナで過ごしたキューバの帰国子女。キューバに8年、のちスペインに6年間在住。スペイン語超上級。キューバの政治、経済、歴史、文化に深く通じ、レストランボデギータ、トラベルボデギータを経営

【主催者】
斉藤真紀子(「キューバ倶楽部」編集長)
https://www.facebook.com/makiko.saito.75
榎本晋作(「キューバ倶楽部」マガジンディレクター)
https://www.facebook.com/shinsaku.enomoto

【イベント詳細】
◆日時:2019/1/21(月) 19:30~21:30

◆費用:2,500円(ドリンク代含みます)
写真展期間中の特別メニュー、ロシアン・モヒート(別料金)も楽しめるほか、食事も可能です。cafe nook さんの美味しいカレーなど、ぜひ召し上がってみてください。
写真の目録も500円で発売しています。記念にぜひどうぞ。

◆場所:cafe nook(代々木)
https://www.facebook.com/yoyogi.cafenook/
住所: 東京都渋谷区代々木1-37-3 岩崎ビルB1
<行き方>JR 山手線、都営大江戸線「代々木」駅からすぐ
代々木駅、北口改札を出る→左方面に出てすぐ信号があるので、横断歩道を渡る→PRONTO が見えるので、左手にしてカラオケ館まで進む→cafe nook の案内ボードが出ているので、左に曲がると看板が見えます。

◆定員: 20名

【参加方法】
Facebookページにて参加申請いただくか、
makiko3110@gmail.com
まで「第23回キューバ倶楽部プレミアム参加希望」という件名で、
お名前、連絡先電話番号をお送りください。

【よくあるご質問】
Q.参加が19:30より少し遅くなってしまいそうなんですけど。。。
A.もちろん、全然大丈夫です!途中参加大歓迎です。
Q. 食事もできますか?
A.もちろんです。cafe nook のスリランカ・カリーなど、美味しいお料理をぜひお楽しみください。

★お約束ごと
1)ネットワークビジネスをやってらっしゃる方および
その他、営業目的での参加はご遠慮ください。
2)他の参加者の方の迷惑になる行為はご遠慮ください。
3)飲食物の持ち込みはご遠慮ください。

【最後にあいさつ】
キューバを知る機会を通して、
「新たな視点や可能性がうまれる」
そんな場にしたいと思っています。
ご都合つく方は是非ぜひご参加くださいね^^!
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です