キューバのタクシー運転手と値切り交渉するコツ

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

比較的交渉しやすい、キューバの小型ライセンスタクシー

比較的交渉しやすい、キューバの小型ライセンスタクシー

 

タイムトリップしたかのように、街並みがいつまでも変わらないので、タクシーの値段もきっとそのまま。そう思って、つい「昔ながらの価格」で値切ってしまいました。

 

「5ペソ(注)!」。新市街から旧市街に行くのに、こう言って、キューバの黄色いライセンスタクシーに乗ろうとしたら、運転手が苦虫をかみつぶしたようなような顔をこちらに向けます。「ありえん!」と言いたげな。そして、「7ペソ」と譲らない。

(注)外国人用兌換ペソで5ペソは米ドル5ドルくらい。500円超。

 

「7ペソなら乗らない」。日本では物事を丸くおさめることに全力を使っている私も、たった2ペソなのにがんとして譲らない、この頑固なパワーはどこからわいてくるのでしょうか。

 

窓にガムテープ

 

ハバナの新市街と旧市街の間は、10キロほど距離があり、15分くらいかかります。運転手にチップを払わなくていいので、「7ペソ」といっても、べらぼうに高いわけでもありません。ですが、私は過去の記憶にひきずられていました。「5ペソで十分足りるはず!」と。2008年にキューバを訪れたとき、タクシーのメーターを確認して、その価格帯が刷り込まれていたのです。

 

そして時は変わり、2015年。メーターを回して車を走らせる運転手はほぼおらず、当時と比べて値段もあがったことから「キューバが観光地化して、運転手が勢いに乗って値段をふっかけている」と私は勝手に思い込んでしまったのでした。

 

実際のところ、「5ペソ」で新市街と旧市街の間を走ってくれるタクシーも探せば見つかります。エアコンもない、ラジオもない、窓もこわれてガムテープを貼っているような、「最低限、前に走ればいい」といった風貌の小型タクシー。維持費はかからないのか、かけていないのか、よくわからないけれど、この種の車の運転手さんたちは「5ペソ」でも、喜んで乗せてくれました。

有り金を全部見せる

 

一緒に旅した日本人女性は交渉上手で、これから家に帰るだけというときなど、「私たちはこれしか現金ありません」と有り金をすべて見せて運転手に値切るのです。そうすると、しぶしぶこちらの言い値で乗せてくれる運転手さんもいました。

 

旅も終盤にさしかかると、私たちは「5ペソ」で新市街と旧市街の間を走ってくれるタクシーをすぐに見つけられるようになりました。そんなある時、珍しくメーターを回して走る「正直者」の運転手に出会いました。新市街から旧市街に着き、メーターを見てあ然とする私。なんと、7ペソを超えているではありませんか。つまり、今まで「7ペソ」で交渉してきた運転手たちは、価格だけでいえばむしろ良心的だったのです。

 

運転手さん、ごめんなさい。そう思いながら振り返ってみると、2008年当時、世界各地で原油価格は高騰していたけれど、キューバは石油がすごく安かった。ベネズエラの故チャベス大統領との蜜月で、石油を安く手に入れられていたからです。ところが、時は変わって2015年、世界の原油相場と必ずしも連動しない、キューバ国内の石油価格は当時より上がっている。もちろん、それ以外にも要因はあるかもしれないけれど、燃料費込のタクシーの値段は高くなって当然だったのです。

 

まあ、メーターを回さないのだから運転手も文句は言えないよね。半ば開き直りながら、すっかり値切りグセがついてしまった私たちは、最後、空港に向かうときまで、渋い顔のタクシー運転手を相手に交渉を続けていたのでした。

 

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です