オフライン地図で道に迷う~キューバで街歩きならぬ道迷い

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

街歩きをしすぎたという、前回の記事。実のところ、おおかたは道に迷って、セントロ・ハバナの宿にたどりつけず、ひたすら歩いていたのでした。

不思議なのは、スマートフォンの地図アプリMAPS.ME(注)を見ているのに、道に迷うこと。このアプリは、オフラインで使える、なかなかのすぐれものなのです。
(注:MAPS.MEはキューバに到着する前に、あらかじめ地図をダウンロードしておくと便利です)

初めてこの地図を知ったときは、道がわかりにくいハバナの旧市街やセントロ・ハバナでも迷子にならずにすむと、心強く感じたものです。

何しろ、「現在地」も「目的地」も表示でき、ルート検索が可能なので、道に迷いようがないはずなのですが。

現在地の矢印の向きで右往左往

MAPS.MEは電池の消耗が速いので、今回、予備のバッテリーも持ってきました。が、あまりに迷うので、空腹と足の疲れで、自分のほうが事切れそうになったことも。

原因は、目的地への方向を示す三角の矢印がくるくる変わって、どっちに向いているのかわからなくなってしまうこと。歩き始めると、矢印があらぬ方向を向く。構わず歩くと、勝手にルートを変更する。互いに、だまし合いをしているみたいになってしまいます。

角を曲がれば、サプライズ。次第に、街歩きならぬ、道迷いを楽しむ余裕も出てきました。

そもそも地図が読めれば、今いる場所で右往左往しなくてもすむのですが…。そう考えると、なんだか人生の縮図のようでもあります。

地図上には数多くの閉店情報も

MAPS.MEは場所の名前を入力すればすぐに場所を検索できる、目的地までの徒歩や車の移動時間がわかる、店の営業時間や人気度、口コミが表示される、履歴が残る、といった便利な機能がいっぱいあります。

ただ今回、歩きながらひと息つきたくなって、「カフェテリア」と検索すると、付近のカフェの名前がたくさん出てきたのですが、多くの店はすでに閉店していた、ということもありました。

行き先にあたりをつけつつ、行き当たりばったりになりすぎず、よい距離感でMAPS.MEをお供にできるといいですね。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です