Feliz Año Nuevo 2021 本年もよろしくお願いします!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ハバナのマーケット
(撮影:斉藤真紀子)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

キューバを旅して日本に帰ってくると、逆カルチャーショックを体験することがよくあります。

目に映る景色は灰色がかっていて、人はうつむいて不安そう。誰かと目が合ってにこっとしても、つい知らない人に話しかけようとしても、誰も何も反応しない。まるで私は透明人間のよう。

およそ2~3日で、この怖い感じはなくなりますが、なぜ毎回こうなってしまうのか。キューバで色彩豊かな景色や車やファッションに目を見開き、音楽やリズムに反応し、現地の人たちの体当たりのジョークに笑いすぎたからかな、などと考えます。

昨年は世界が予想だにしなかった状況になり、今やら、先やらに不安がおそってきました。

そこで、はっとしました。色鮮やかでエネルギッシュで心を豊かに表現するキューバの魅力を伝えたいといいながら、キューバらしさも何もないモノトーンな生活を、私自身が送っているということを。

それからは、どんな心の持ちようで、「キューバにいたときのような」楽しい感じになるのか、考えてみるようになりました。

今年はキューバの通貨制度や様々な制度の変化があり、人びとの生活も大きく変わりそうです。加えて、米国の新政権がキューバへの経済制裁をどうするのかにも注目が集まります。

こうしたキューバの今をとらえつつ、キューバらしいライフスタイルのエッセンスとは何かについても、みなさんといっしょに考えていけたらと思います。

 

2021年元旦
キューバ倶楽部 斉藤真紀子

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です