キューバのこわいトイレ事情〜便座でスクワット!?〜

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

キューバのトイレ

 

旧市街の中心街に立ち並ぶ、歴史あるホテルにトイレを借りにいったときのことです。ホテルの入り口で、男性従業員がふたり、笑い転げていたので、一緒にいたキューバ人に、「何がそんなにおかしいって言っているの?」と聞いたら、「ホテルのトイレ掃除の女の人はいつも機嫌が悪いから、旦那さんとうまくいっていないに違いないって話してるよ」と返ってきました。

 

エプロンドレスを着てトイレ掃除をしていた、その「不機嫌な女性」と入れ違いに、私はホテルのトイレを借りました。すると、水量が足りないのか、機械の具合が悪いのか、しっかり流れない。「流すボタン」を力強く押しても、長く押しても鈍い反応です。次第に私もイライラが募ります。「ああ、これか」。

 

「トイレ掃除で不機嫌になる理由」について、入り口で笑っていた男性たちに一言、「夫婦関係ではなく、トイレが悪いのだ」とモノ申したかったのですが、ひとしきり奮闘して出てくると、彼らはもう、そこにいませんでした。

スクワットで用を足す

 

門構えのしっかりしたホテルのトイレでも、こんなことが起こり得る、キューバのトイレ事情。ホテルの部屋や民宿では、清潔でしっかり流れるトイレがほぼ完備されていますが、レストランや民家、ライブ会場などでは、頭に大きなハテナマークが浮かんでしまうような、謎のトイレにも遭遇します。

 

思わず立ちすくんでしまったのは「便座がないトイレ」。なまじ、楕円形の便器サイズが大きいため、無理やり腰かけようものなら、中に落ちてしまいます。かといって、男性のように立ったままで用を足すわけにもいかず、結局スクワットの姿勢でこらえて、のりきりました。

 

ライブ会場など、「ペーパーをわざと置いていない」トイレにも苦戦させられました。コンサート中のトイレは、さんざん我慢をして限界に達してから行くことが多いので、一刻もはやくかけこみたい。なのに、トイレの入り口には、ペーパーをにぎりしめ「小銭を置いた皿」とともにお姉さんが座っていて、「チップ置いていきなさい」と強い目で語りかけてくる。現地ペソで小銭を置いているキューバ人をしり目に、「(外国人通貨の)1CUC(セーウーセー)では払い過ぎだよね」などと考え、そうはいっても「紙なしでことを済ませるのか」と自問し、ひとり冷や汗をかく展開に。

ウォッシュレットモードからの脱却

 

結局、人ごみをかきわけ、ライブを楽しんでいる友だちのところまで戻って「ティッシュ」を借りにいき、セーフ。最初から、紙を持って外に出ましょう、というのが結論です。

 

というわけで、未知との遭遇ならぬ、トイレとの遭遇には事欠かないキューバですが、発見もあります。「ウォッシュレットモード」から「現地トイレモード」に切り替わると、トイレは単なる機能でしかなくなり、快適さを求めなくなる。しかし、トイレ天国の日本に帰るとまた、「駅のトイレは入れないなあ」なんて思ってしまうのですが。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です