キューバ人はサルサを聴かない?(前編)

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

キューバのミュージシャン

 

「サルサは聴かないし、全然踊れない」。若者が口ぐちに言うので、衝撃を受けたのはキューバを2008年に訪れたときでした。

 

音楽やダンスがきっかけで、キューバに興味を持つ人は多いはず。私もそうでした。初めてサルサを聴いたときは血が騒ぎすぎて逆流しそうになり、いっときサルサダンス中毒にもなったほど。「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(映画、1996年)のいぶし銀がかったメロディもまた心にぐっときます。

 

厳密にいうと「サルサ」はキューバ生まれではなく、「ソンやルンバといったキューバ音楽が海を渡り、ニューヨークなどでアレンジされて誕生した」のですが、そうしたウンチクはさておき。「キューバン・サルサ」は音楽でもダンスでも、ひとつのジャンルとして存在感を放っていて、やはりキューバといえばサルサなのです。

 

キューバの今どきの若者がレゲトンや欧米のポップ、ロック、R&Bあたりを好むと聞いて、思わず「もったいない」と叫んでしまったのですが……。まあ、それは私も同じことで、アニメ好きな外国人に話を振られてもちんぷんかんぷん。しまいには、「日本に住んでいるのにアニメを見ないで、休日何やっているの?」と聞かれてしまいました。私も、もったいない日本人なのです。

 

はたしてキューバで本場のサルサは楽しめるのか。答えは「イエス!」なのですが……。

 

観光客が集まるレストランやバーでは、定番のナンバーを生演奏でたっぷり聴かせてくれます。キューバでは、選ばれし才能が6年かけて音楽大学で楽理と楽器演奏を学んでも、仕事がなくてプロのミュージシャンではなかなかやっていけないそうです。そうした事情ゆえか、流しの演奏家が上手すぎて度胆を抜かれることも。

 

せっかくキューバに来たからには、ディープな場所で現地の人と音楽を楽しみ、できれば一緒に踊りたい。そう思うと、なかなか一筋縄ではいかないのがこの国の面白いところ。話は1999年にさかのぼります。(後編に続く)

 

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です