キューバ男子のヘアアレンジテク~整髪料はせっけん!?

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

2016年3月のローリングストーンズライブに来場していた男性キューバ人
2016年3月のローリングストーンズライブに来場していたモヒカンヘアのキューバ人男性。

 

年月を経ても、大きく変わらないキューバの街並み。そんななかで、じわじわと変化を遂げているものもあります。それは男の子の髪型!!

 

サイドは短めに、トップは長めにボリュームを持たせて、逆立てたり、波打たせたり。アレンジの幅が広がっているのですが、25歳、自転車タクシーをこいでいるおしゃれな男性に聞いてびっくり。

 

「せっけんを使って髪を立たせている」

せっけんを使って髪を立たせている男子

 

油分が髪の毛をかためるのに、ちょうどいいみたいです。それまで、「ちびまる子ちゃんの花輪くんでもあるまいし」と、さほど興味をひかれなかった、男の子たちの頭上の盛り具合が、気になって仕方なくなってしまいました。

 

この男性、せっけんを使わないときは、寝押しと扇風機で、時間をかけてセットするのだとか。「寝押し」ってヘアアレンジにも使えるのか。時間の余裕がたっぷりあるからこそできるテクニックかもしれません。

 

髪を洗わないのがポイント!?

17歳の男性は、頭のてっぺんで、毎日違うヘアアレンジを楽しむ
17歳の男性は、頭のてっぺんで、毎日違うヘアアレンジを楽しむ

 

さらに、ハバナ在住の友人の17歳になる甥っ子も、頭のてっぺんがいい感じに波打っていたので、どうしているのか、聞いてみました。すると、わざわざ部屋から持ち出してきてくれたのは、古びた、小ぶりの女性用ヘアアイロン。強い味方です。さらに、とっておきのコツがあるのだとか。

 

「頭は2~3日に1度しか洗わないから、くせがつきやすくなる」

 

天然の頭皮オイルを利用すれば、ワックス必要なし、というわけです。なるほど。

これには、キューバの「水事情」もあります。海に囲まれている島国ですが、生活用水は豊富といえず、貯めた水を使ったり、定期的に断水したりする家も多いです。シャンプーも豊富ではないので、ヘアスタイルに気をつかう女性でも、洗髪は3日に1度ぐらいの頻度が多いと聞きました。

本当のおしゃれとは?

ローリングストーンズライブに来ていた若者たち

ローリングストーンズライブに来ていた若者。

 

整髪料が不足しているキューバで、「おばあちゃんの知恵」のごとく、素朴なやり方で編み出される男性のアレンジテクニック。お兄さんたちの飽くなき追及心に、「髪型は手がかからないのが一番」と思っていた自分も、刺激を受けてしまいました。

 

常夏に近い気候のキューバは、こまめにシャワーをしてさっと汗を流し、清潔感とセクシーさを満たすファッションを身にまとい、香水をふりかけて外出するおしゃれな人が多い。だから、「貧しい国」というイメージを持って訪れると、人びとの気合いが入った着こなしに、驚くこともありそうです。

 

おしゃれはお金をかけることより、すてきに見せたいという心を失わないことなのだと、はっとさせられた、ヘアアレンジの裏話でした。

 

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です