街歩きのしすぎで、帰国後キューバロスに~セントロ・ハバナ、早朝の風景

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

余韻がまだ残っています。キューバの旅から帰ってきて、1週間が経ちました。

目にする色、飛び込んでくる音、鼻をくすぐる香りがあまりに鮮かだったキューバの1週間。梅雨どきの日本に戻ってしゅんとしてしまうのは、ちょっとしたキューバロスでしょうか。

とりわけ、セントロ・ハバナ(旧市街と新市街の間にある住宅街)の街歩きは鮮やかで、騒がしくて、かぐわしくて、やめられなくなります。

曜日ごとに違う匂いが

ある月曜日の朝は、週明けということでゴミが多かったのでしょうか。ここかしこに、ごみの山が積み上がって強烈な匂いを放っていました。

このときはゴミ臭をキャッチしまくっていた私の鼻は、なぜか、同じゴミ掃除の時間帯を歩いても、翌日、翌々日と異なる香りを拾うことになります。嗅覚とは不思議なものです。

モップとちりとりで道を掃き清めるのはたいそう時間がかかりそうだなあと思っていたら、赤いリボンの麦わら帽子をかぶって、掃除をしているお兄さんが目に入りました。

仕事をしているところを撮りたくて、「そのソンブレロ(麦わら帽子)いいですね」と話しかけたら、どうぞとばかり、かぶっていた麦わら帽子を脱いで、私にくれようとします。

「いえいえ、写真を撮らせてほしいんです」というと、ちょっとはにかんで、ぐいっと胸をはります。そのTシャツが唐突に色っぽかったので、ずっこけそうになりました。

「ありがとう」と言って、少し離れて、作業をしている様子もこっそり撮ろうとすると、カメラを構えた私に気付いて、掃除のお兄さんは胸をそらせ、ポーズを取ってくれる。しばし、互いに、それを繰り返してしまいました。

早朝の柔らかい陽射しの下で、お茶目で気のいい掃除のお兄さんの仕事はまだまだ続きそうです。

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です