【イベント報告】「Cu-Bop across the border」上映会+トーク

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

5月17日、下北沢ボデギータにて、第17回キューバ倶楽部プレミアム 「Cu-Bop across the border」上映会&監督トークが開かれました。ご参加ありがとうございました。

話題の音楽ドキュメンタリー「Cu-Bop across the border」の上映会と高橋慎一監督のユーモアいっぱいのトーク、清野史郎さんによるキューバ音楽に関する興味深い解説で、笑いと発見に満ちた会となりました。

映画に登場する、才能あふれるピアニスト、アクセル・トスカらで結成する、(U)nityの5月末の来日に合わせて開かれた今回のイベント、高橋監督による、「ジャンルを超えた音楽に挑戦していく、彼らならではの演奏スタイル」について熱いお話をいただきました。

(U)nityのミュージシャンたちは「ジャズ」や「アフロ・キューバン」といった枠にとらわれず、ヒップ・ホップも、R&Bも融合させていく。今ある枠から「はみ出る」ことをいとわない。そんな思い切りのよさがライフスタイルにもにじみ出ているアーティストたちと、寝食を共にして映画を撮った、高橋監督の裏話にも引き込まれました。

トラベル・ボデギータの清野さんによると、キューバはそもそも、音楽のしっかりとした土台を学んだうえで、ジャンルにとらわれない活躍をするミュージシャンも多いとのこと。たとえば、ティンバ(サルサに近い)奏者、ロス・バン・バンのミュージシャンが、音楽大学でクラシック音楽を教えていたりするそうです。

87歳の歌姫、オマーラ・ポルトゥオンドさんと、この映画に登場していた40歳のピアニスト、ロランド・ルナさんが組んで来日演奏をした姿も記憶に新しいですが、年齢や世代の差にもとらわれない、ミュージシャンたちのコラボレーションも盛んなようです。

5月24日~26日、コットンクラブで披露された(U)nityの来日コンサートは大入り、ジャンルを超えた先端のサウンドに観客が酔いしれました。

「Cu-Bop across the border」はアップリンク渋谷のサイト上で、2018年7月23日まで鑑賞できます。

キューバ音楽の生まれる瞬間を捉えた『Cu-Bop across the border』

Author Profile

斉藤 真紀子
斉藤 真紀子
日本経済新聞米州総局(ニューヨーク)金融記者、朝日新聞出版「AERA English」編集、週刊誌「AERA」専属記者を経てフリー。共著に「お客様はぬいぐるみ」(飛鳥新社)。趣味はラテン音楽&ダンス、カポエイラ(格闘技)
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です